神事研・県公事研からのお知らせ

2022(令和4)年度 県公事研セミナーのご案内

神奈川県公立小中学校等事務研究協議会(県公事研)では、この度、県公事研セミナーを以下の要領で開催することといたしました。

・日 時  2022(令和4)年12月1日(木) 14:00~16:50(受付13:45~)
・演 題 「隠れ教育費 ~教育条件整備のためにできること~」
・講 師  千葉工業大学工学部准教授 福嶋 尚子 氏

 講師の福嶋尚子氏は教育行政学をご専門として、おもに教育条件整備・学校経営面に関する政策・制度について研究され、その成果をメディア等でも幅広く発信されています。特に、公費として扱われない保護者負担金を見える化して取り上げた著書『隠れ教育費:公立小中学校でかかるお金を徹底検証』は現在話題となっています。
 今回は著書をもとに、教育現場のさまざまな課題についてお話しいただきます。福嶋尚子氏の知見をもとにした貴重な講演となっていますので、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

県公事研会員の参加費は無料、会員以外の参加費は200円となっています。

お申し込みは以下のサイトからお願いします。
https://kenkouji2022.peatix.com/view

開催通知・要項
20221201_県公事研セミナー_開催通知(会員外用).pdf

第54回関東地区学校事務研究大会茨城大会ホームページのご案内

第54回関東地区学校事務研究大会茨城大会はオンラインにて以下の日程で開催予定です。

事前配信
令和5年1月27日(金)~令和5年2月9日(木)(文部科学省行政説明・記念講演・分科会提案)

ライブ配信
令和5年2月10日(金)(開会式・分科会協議・助言者指導)

本大会分科会には神奈川支部として提案・協議に参加予定です。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

大会に関する情報は以下のホームページで随時更新されますのでご確認ください。

第54回関東地区学校事務研究大会茨城大会ホームページ
https://sites.google.com/view/kanburo-ibaraki54th

【案内】東北地区公立小中学校事務研究大会福島大会の開催について

全事研福島支部より以下の通りご案内がありました。
参加ご希望の方は下記HPより要領等をご確認ください。

--

第24回東北地区公立小中学校事務研究大会福島大会・第37回福島県公立小中学校事務研究大会の開催について

福島県郡山市において第24回東北地区公立小中学校事務研究大会福島大会・第37回福島県公立小中学校事務研究大会を開催いたします。福島県における東北大会以上の開催は平成20年以来14年ぶり、東日本大震災以後では初となる開催にむけ「オール福島」をスローガンに掲げ、実行委員一同尽力しております。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

開催期日:令和4年10月6日(木)~10月7日(金)
申込受付期間:令和4年7月15日(金)~8月15日(月)
大会HP:https://sites.google.com/fcs.ed.jp/tohokutaikaifukushima/

全事研セミナー開催のご案内

令和3年度第28回全事研セミナーは、令和4年7月27日10:00から8月17日までオンラインで開催されています。
全事研Webに会員ID/PWでログインし、トップページにあるバナー「第28回全事研セミナー」または会員ルーム内メニュー「第28回 全事研セミナー」より御参加ください。

全事研Web


・【会長あいさつ】【文部科学省行政説明】【講義】【全国大会PR】【全事研コーナー】の各動画が掲載されています。*動画の録画、撮影は御遠慮ください。
・文部科学省行政説明・各講義の掲載資料はダウンロードして使用することが可能となっています。
・全事研コーナーには、各種動画(全事研紹介、全事研調査(本部役員(情報推進部)による調査報告・分析)、過去の配信動画)をアップしていますので御覧ください。
・ご参加の方はアンケートに御協力をお願いします。

【お知らせ】この夏は全事研コーナーも!8月17日まで開催中

会員の皆様
第28回全事研セミナー(現在開催中)のコンテンツ「全事研コーナー」には、本部役員作成の全事研調査等の動画がアップされています。調査の意義や役割、調査結果の分析や活用法など有益な情報が満載ですのでぜひ御視聴ください。

〇本部役員(情報推進部)作成動画
・令和3年11月期調査解説
 11月期調査の活用(津金澤隆志(群馬))
 学校財務調査(谷明美(徳島))
 事務職員の職務等実態調査(山田恭介(茨城))
 ヒューマンリソースに関する校長の意識調査(中山佑太(茨城))
 教材備品の整備に関する調査(中村奈千(埼玉))
・令和4年5月期調査ダイジェスト版(荒井祐也(千葉))
・全事研調査の意義と役割(大熊康之(静岡))
・実践事例集・会報(津金澤隆志(群馬))
※会員の方から動画へのコメントが届いているので紹介します(一部抜粋)。
・表やグラフを使って調査結果を説明しているのでわかりやすいです。実際に説明している人の顔が写っていていいなと思いました。(埼玉県:経験11-15年目)
・動画の時間がそれぞれ5分程度のため、すき間時間に集中して見ることができました。(静岡県:経験26-30年目)
・考察など参考になる情報を加えながら説明していただけたのでとてもわかりやすかったです。先に動画を見ると、詳しい結果も知りたくなりました。(愛媛県:26-30年目)
・給食費の公会計化の状況については、私の勤務する自治体でも検討中なので全国的な傾向を担当者にも伝えて進めたいです。(愛媛県:26-30年目)
・職務等実態調査が昨年度までの市の研究と関連していて、興味深かったです。(埼玉県:11-15年目)

県公事研 2022年度第1回研修会 開催方法変更について

2022年度 第1回研修会についてお知らせします。

先月末頃から新型コロナウイルスの新規感染者数が徐々に増え始め、7月11日には「第7波」が到来しているとの認識が新型コロナウイルス感染症対策分科会会長より示されました。

このような状況を鑑み、7月26日(火)に開催予定の第1回研修会について、開催方法を変更することといたしました。参集での開催を期待されていた方には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解とご協力を賜りたく存じます。

具体的な開催方法・研修会資料の提供方法については決まり次第追ってご連絡いたしますので、取り急ぎ上記の件についてご承知おきください。

アクセスカウンター
4 9 7 6